葉酸サプリを選ぶときのポイントやコツ

 

葉酸サプリ おすすめ 妊活

妊活中の女性に大人気の葉酸サプリですが「種類がたくさんあってどれを選べばよいかわからない!」と悩む方が圧倒的に多いです。

 

たしかに葉酸サプリはさまざまなメーカーから販売されており、それぞれ特徴も異なります。葉酸サプリを選ぶときのポイントやコツなどはあるのでしょうか?

 

今回は葉酸サプリの疑問や選び方、妊活中の女性におすすめしたい葉酸サプリを徹底解説します。

 

妊活中の女性に葉酸サプリが必要な理由

 

妊活中は「葉酸サプリがおすすめ」というのは多くの人が知っています。しかし「なぜおすすめなのか?」という点まで、詳しく把握している人は少ないです。まずは妊活中の女性に葉酸サプリが推奨される理由をまとめましたので解説します。

 

新しい細胞を作るのに必要な栄養素

葉酸サプリ おすすめ 妊活

葉酸は胎児(赤ちゃん)の成長に欠かすことができない「DNAを作る役割」を担っています。DNAとは細胞分裂をするときに遺伝子情報を伝える物質のことです。

 

私たち人間は日々、細胞分裂を繰り返しながら新しい肌や髪の毛が作られています(切り傷などが数日経てば塞がるのは細胞分裂のおかげです)。そして受精卵も細胞分裂を繰り返しながら、少しずつ胎児の形となり、赤ちゃんとして成長していきます。

 

葉酸が不足することで、正常な細胞分裂が行われなくなり、胎児や赤ちゃんの成長を滞らせる可能性があります。また、過度な葉酸不足で最も恐ろしいのは胎児の先天性障害「神経管閉鎖障害」です。葉酸不足による神経管閉鎖障害の発症リスクに関しては、厚生労働省のサイトでも確認することができます。

 

【参考サイト】

 

厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

 

この細胞分裂やDNAの合成、先天性障害が起きるのは妊娠初期のときです。

 

妊娠初期は女性も妊娠の自覚症状がありません。つまり妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始めても遅いということになります。このような理由から妊娠を希望する女性は、妊活中のときから葉酸サプリを摂取することが推奨されています。

 

 

赤血球を作るのに必要な栄養素

 

葉酸は別名「造血のビタミン」とも呼ばれるビタミンB群の一種であり、赤血球を作る役割も担っています。実は妊娠中のママは貧血を起こす可能性が通常時より高くなっています。

 

これはママの体の中にある鉄分や葉酸などが優先的に赤ちゃんに運ばれる仕組みになっているからです。貧血は胎児の発育不全や早産、ママの体力低下につながることもあるため、妊娠中は常に十分な葉酸摂取量を意識しておく必要があります。

 

妊活中や妊娠中のママにおすすめの葉酸サプリ5選

 

葉酸に関する疑問を解消できたら、あとは自身の好みなどに合わせて実際に使用する葉酸サプリを選んでいきましょう。ここでは妊活中や妊娠中の女性におすすめできる葉酸サプリ5選をご紹介します。

 

makana(マカナ)
makana(マカナ)

 

makana (マカナ) を特におすすめしたい人は妊娠中ではなく、妊活中の人です。

 

高品質の日本産マカ100%使用のmakanaは女性のホルモンバランスを整えるなど、妊娠に必要な体作りを徹底サポートします。またタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が含まれたスピルリナや妊娠力低下の原因にもなる冷えを解消する金時しょうが、その他国産野菜やフルーツ30種類を配合しています。

 

makannaに直接妊娠させる効果はありませんが、makanaを飲むことによって高い確率で妊娠しやすい体質を作ってくれます。もちろん妊活中や妊娠中に必要な葉酸(400ug)もしっかり配合されていますので、妊活中から産後まで使用することができます。

 

コース 価格
単品購入 6,580円(税込)
定期便コース 3,980円(税込)

※2ヶ月目以降は5,980円(税込)

ご夫婦協力コース(2袋セット) 7,460円(税込)

※2ヶ月目以降は1万1,460円(税込)

 

 

>>makana(マカナ)の公式サイトはコチラ

 

 

メルミー葉酸サプリ
メルミー葉酸サプリ

 

産婦人科医と管理栄養士のW監修サプリとして注目を集めているメルミー葉酸サプリ。厚生労働省が推奨する葉酸400ug、貧血を予防する鉄15mg、代謝や体温を高める効果があるマグネシウム136mg、骨を強くしたり、細胞分裂を促す効果があるカルシウム241mgなどが配合されています。

 

またビタミンB群やビタミンC、D、Eなどのビタミン類もしっかり配合されているため、妊娠中から産後まで長期に渡って使用できる葉酸サプリといえるでしょう。

 

「配合量は多すぎても少なすぎてもダメ」という管理栄養士が監修しているため、過剰摂取や不足の心配もありません。

 

コース 価格
単品購入 6,580円(税込)
定期便コース 2,980円(税込)

※2ヶ月目以降は3,980円(税込)

 

 

>>メルミー葉酸サプリの公式サイトはコチラ

 

 

美的ヌーボプレミアム
美的ヌーボプレミアム

 

葉酸400ug、ビタミンやミネラル成分27種類、鉄分15mg、カルシウム250mg、DHAやEPAを配合した葉酸サプリが美的ヌーボープレムアムです。

 

美的ヌーボープレミアムに含まれているDHAやEPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸の一種で卵子の質を向上させる効果があるといわれています。またDHAには神経細胞の働きをサポートする力があるなど、産後うつのリスクを下げることも期待されています。ビタミン類も豊富に配合されていますので、妊娠力アップだけではなく、美容や健康にも良い影響を与えてくれるでしょう。

 

コース 価格
単品購入 9,396円(税込)
定期便コース 6.912円(税込)

※6回以上の受け取りが必要

 

 

>>美的ヌーボプレミアムの公式サイトはコチラ

 

 

AFC(mitete)
AFC(mitete)

 

葉酸はもちろんのことカルシウム、鉄、ビタミン、ミネラルがバランスよく配合されているAFC (mitete)。AFCは配合成分だけではなく、ニオイや粒の大きさなど飲みやすさにも考慮しているため、利用しやすいという声もよく聞かれます。

 

1個あたりの価格が安価なのも魅力的であり、継続しやすい葉酸サプリといえます。AFCは女性100人以上の声を参考にして開発されたサプリメントなので、ユーザー目線の立場で開発されている葉酸サプリを求めている方にはおすすめです。

 

コース 価格
単品購入 1,944円(税込)
3個セット 5,184円(税込)
6個セット 9,072円(税込)

 

 

>>AFC(mitete)の公式サイトはコチラ

 

 

ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ

 

葉酸サプリメント市場でトップクラスの売上を誇るのがベルタ葉酸サプリです。葉酸400ug、27種類のビタミンやミネラル、20種類のアミノ酸、鉄分、カルシウム、21種類の野菜を配合しています。

 

またベルタ葉酸サプリにはプラセンタエキスやコラーゲンといった厳選美容成分が6種類配合されているため、ホルモンバランスの乱れによる肌の不調などにも大きな効果を見込むことができます。酵母葉酸100%ですので、通常の合成葉酸と比較すると吸収率が良く、効率的に葉酸を摂取したい女性にはおすすめです。

 

コース 価格
単品購入 5,980円(税込)
定期便コース 3,980円(税込)

※6回以上の受け取りが必要

 

 

>>ベルタ葉酸サプリの公式サイトはコチラ

 

 

葉酸サプリは産後にも必要って本当?

 

「葉酸サプリは産後にも必要って聞いたけど本当なの?」という女性もいます。この疑問に対する回答ですが「産後にも葉酸サプリは推奨されている」です。ではなぜ出産後にも葉酸サプリが必要になるのか?ここでは産後の葉酸サプリの必要性を2つご紹介します。

 

産後の葉酸サプリは質の良い母乳を作る

 

葉酸サプリは質の良い母乳を作る上でも役に立ちます。母乳の原料はママの血液です。前述のように葉酸は造血の働きがあるため、必要分をしっかり摂取することで血液の量や質がアップする可能性が高まります。

 

「質の良い血液=質の良い母乳」と考えられていますので、授乳中に葉酸をしっかり摂取することで赤ちゃんのすこやかな成長を促すことができます。

 

産後の葉酸サプリはママの体力回復につながる

 

産後の葉酸サプリは赤ちゃんだけではなく、ママ自身の体力回復のお手伝いもしてくれます。

 

よく「出産のダメージは交通事故並み」といわれますが、子宮が妊娠前の状態に戻るまでは通常約6週間〜8週間かかります。また産後はホルモンバランスが乱れがちになるため、産後うつや抜け毛に悩まされるママも少なくありません。葉酸サプリは正常な細胞分裂をサポートしたり、ホルモンバランスを整える働きがあるため、産後の傷ついた体を回復させるには適しています。

 

葉酸サプリの選び方を徹底解説!

 

葉酸サプリの具体的な必要性はわかったものの「どの葉酸サプリがよいの?」という疑問が残ります。ここでは葉酸サプリの選び方のポイントをまとめましたので解説します。

 

添加物の有無

 

葉酸サプリは葉酸を中心に、妊活中や妊娠中に役立つ栄養素が豊富に含まれています。一方で注意しておきたいのは「添加物」です。葉酸サプリで使われることが多い主な添加物には以下のようなものがあります。

 

  • 乳糖
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 結晶セルロース
  • 香料

 

これらが含まれた製品は当然、政府が定めた品質基準をクリアしているため、口にしてもすぐに体に異常をきたすものではありません。ただし、乳糖は日本人の約85%が分解しにくいといわれており、ショ糖脂肪酸エステルは毒性はないものの、大量摂取になると下痢の症状を引き起こす可能性もあるとされています。

 

また一部専門家の間では添加物はお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが指摘されています。このような理由から添加物による影響をゼロにしたい方は、無添加の葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。

 

葉酸の種類

葉酸サプリ おすすめ 妊活

葉酸サプリによる効果をより高めたい場合は葉酸の種類にも注目することを推奨します。

 

葉酸の種類には「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」があります。
ポリグルタミン酸型は天然由来の原料から作られており、モノグルタミン酸型は人工的に作られた合成葉酸です。そしてこの2つの中で厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。

 

理由としては体内においての吸収率が関係しています。ポリグルタミン酸型の葉酸は体への吸収が約50%ですが、モノグルタミン酸型の葉酸の吸収率は約85%ということがわかっています。つまり葉酸の効果、効能をしっかり得たい場合は吸収率が高いモノグルタミン酸型の葉酸を摂取するのがおすすめということになります。

 

ただし、モノグルタミン酸型の葉酸サプリを使用するときは一度原料をチェックしましょう。合成されている葉酸の原料がもともと食品などであれば問題はありません。一方、原料に石油や化学薬品などが使われている場合は人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。そのため、葉酸サプリを選ぶときは「モノグルタミン酸型×原料が食品」ということを意識しておきましょう。

 

飲みやすいか否か

 

妊娠中のツラい症状のひとつといえばつわりです。つわりにはさまざまな症状がありますが、代表的なのは吐き気や嘔吐などです。このつわりの影響で満足な食事を摂ることができないママもいます。そのため、つわりのときでも飲みやすい葉酸サプリを選ぶことが大切です。

 

一口に葉酸サプリといっても粒の大きさや形状は異なります。この大きさや形は飲みやすさに直結するため、葉酸サプリを購入する際はあらかじめ1粒のサイズなどを把握しておくとよいでしょう。

 

葉酸以外に配合されている栄養素

葉酸サプリ おすすめ 妊活

妊活中、妊娠中は葉酸以外にもさまざまな栄養素を摂取する必要があります。具体的には先ほども取り上げた貧血を予防する成分でもある鉄分、赤血球や新しい細胞作りをサポートするビタミンB群、子宮内膜を厚くする効果があるビタミンEなどがあります。

 

この他にも赤ちゃんが成長するために欠かすことができないミネラルやカルシウムなどの栄養素も大切です。評価の高い葉酸サプリには葉酸以外の栄養素も含まれていることが多いです。

 

前述のように妊娠中はつわりなどの影響で食欲が低下する時期もあります。このようなときに葉酸サプリにさまざまな栄養素が含まれていれば、効率的に栄養補給をすることができます(もちろん通常の食事から必要な栄養素を摂取することも大切)。

 

また葉酸サプリに必要な栄養素がしっかり含まれていれば、毎日の食事メニューも細かな栄養管理は不要となります。「妊活中、妊娠中は葉酸サプリから必要な栄養素を摂取したい」という方は、葉酸以外に配合されている栄養素にも注目してみましょう。

 

価格

 

葉酸サプリは妊活時〜産後まで長い期間必要になります。そのため、購入しやすい価格であることも意識しておいたほうがよいでしょう。ただし、注意点としては価格だけで選ばないことです。

 

基本的に市販されている葉酸サプリは安価で購入しやすいですが、このような低価格の製品は配合されている栄養素が少なかったり、添加物が含まれている可能性もあります。

 

葉酸サプリを選ぶときは「質が高いものをできるだけお得に買う方法」を探してみましょう。具体的には定期便などの割引サービスを有効活用するなどが挙げられます。

 

葉酸サプリを飲むときの注意点

 

葉酸サプリ おすすめ 妊活

葉酸サプリを摂取するときの注意点は「過剰摂取」です。

 

妊活中、妊娠中の女性は一般の人よりも葉酸摂取量を増やすことを推奨されています。しかし、ときどき誤った使い方をして推奨量よりも多く葉酸を摂取してしまう方がいます。

 

葉酸の過剰摂取は発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などの症状をもたらす葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。またビタミンB12欠乏症の発見が困難になるというデメリットも忘れてはいけません。ビタミンB12欠乏症は巨赤芽球性貧血(悪性貧血)などを引き起こします。

 

葉酸を摂取していると貧血は改善傾向に向かうため、陰に隠れているビタミンB12欠乏症の発見が遅れがちになります。貧血でもないのに手足のしびれや神経症状が現れた場合は、ビタミンB12欠乏症の可能性がありますので、このようなときは速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

その他、葉酸の過剰摂取が長期に渡って続くと子どもの喘息リスクが高まるという専門家もいます。葉酸の1日推奨摂取量は以下のとおりです。

 

時期 1日推奨量
妊活中 640ug
妊娠中 480ug
授乳中 340ug

 

【参考サイト】

 

厚生労働省「日本人の食事摂取基準 (2015年版) の概要

 

ご覧のように妊活中、妊娠中、産後の葉酸推奨摂取量は政府が公開する資料にも記載されています。

 

ちなみに過剰摂取の目安となる耐容上限量は18歳〜29歳の女性で900ug、30歳以降の女性は1,000ugとされています。葉酸サプリにも1日摂取量などが記載されていますので、用法容量を守って飲むようにしましょう。

 

まとめ

葉酸サプリ おすすめ 妊活

子どもを希望する女性は「健康で元気な状態で生まれてきてほしい」と願っています。葉酸サプリはこのような希望を持つ女性にとてもおすすめのサプリメントです。

 

評価が高い葉酸サプリは妊活中、妊娠中、産後と3つの時期に必要な栄養素をふんだんに詰め込んでいます。葉酸サプリは赤ちゃんだけではなく、妊娠や出産で疲れきったママの体の回復もサポートします。正しい葉酸サプリの選び方などを参考にしながら、自身に合ったサプリメントを使用するようにしましょう。